平だけど小谷野

昔の看護師といえば、看護婦という呼び名の定着からも分かるように、女性の看護師がほとんどでした。ですが、ここ最近の傾向として看護師という名前も定着して、男性の看護師も多いです。実際の現場に必要になる看護師としての能力を考えるならば、このように変わっていくことは当たり前な事なのかもしれません。母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、看護師にとって大事なポイントになっています。意外に思われるかもしれませんが、看護師には細かな階級が存在するのです。一番階級が高いのは、もちろん、それぞれの病院によっても異なりますが、一般的には看護部長や総看護師長がトップにあたります。どのようにして階級を上げるのかというと、勤務年数を長くして、周囲の信頼を得ることが重要でしょう。もちろん、階級が上がればその分、より多くの給料を受け取れるはずです。あまりイメージに無いかもしれませんが、看護師が働く現場として実のところ、保育園が挙げられます。保育園に勤めるということで、育児の経験があったり子供の世話が好きな方は最適な職場でしょう。仕事の内容は、医療従事者として園児の体調管理や怪我の応急処置をしつつ、子どもの相手をするなどして保育士の補助をする大切なものです。病院が統合されたり閉鎖されたりすることが相次ぎ、医師や看護師が不足していることが問題視されているようです。夜勤が含まれる勤務をこなし、さらに時には急患にも対応しなければならず、多数の看護師はものすごい激務に追われているのです。男性が看護師として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、ストレスに悩まされたり、行きたくてもトイレに行く時間がなく、便秘になる看護師も多いという事実は納得できる話でしょう。看護師というものは特殊な仕事と認識されることが多いですが、やっぱり、雇用者から労働者の権利を守る団体が存在しないと下手をすれば不適切な雇用条件で勤務することになるなど、それが患者にとってもマイナスになる可能性だってあります。ストライキを起こすことも看護師は難しいので、看護婦を雇う側がきちんとした配慮を行うことが重要であるということに疑いの余地はありません。看護師資格を取ろうと思った場合、気になるのがその難易度です。実際にはどの程度だと思いますか?調べてみると、看護師国家試験の合格率は毎年90%前後のようです。試験内容も、専門学校や大学の講義をしっかりと勉強していれば十分に合格できるものですので、特別に看護師の資格取得は難しいものでもないようです。看護師として外科で働く際のいいこと、良くないことも含め、どういったことが起こりうるのか、理解しておきましょう。これから手術を受ける患者や術後の患者の看護を実践することで、看護師に必要な力を身に着けやすいという事でしょう。マイナス面としては、担当患者が短いスパンで変わっていくため、長期間じっくりと患者の看護を実践するのが難しいことです。私の知人は看護師として病院で働いていたのですが、病気になってしまって、その療養のために看護師を辞めました。でも、体調が良くなったら、現場に復帰して、昔と変わらず看護師として勤務しているのです。空白期間が出来ても、資格を取得しておけば復帰も早いと思います。やはり資格が大切なことが改めて分かりました。病気の治療では患者との信頼関係が重要になります。患者に不信感を与えないためにも、看護師は服装や髪形など、外見を整えておくことが大切です。メイクをする女性の場合、派手な化粧はなるだけ控えておいて、広い世代に好印象になるナチュラルメイクにしておくのがおススメです。ノーメイクという訳でもありませんから、周囲の人が感じる印象も良くなるでしょう。殆どの病院において、看護師が十分に足りていないことは社会生活に支障をきたすほどの問題になっています。原因は様々ですが、その一つとして看護師の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。看護師による医師の補助行為が認められ、看護師一人にかかる仕事量が増加し、労働時間が長くなり、休みも簡単には取れません。交代制の勤務が大半なため、出産後に夜勤で働くことができずに、辞める道を選ぶ人も多いのです。入院設備のある病院に看護師として勤務するときには、基本的に夜勤は必ず付いてきますので、子持ちの看護師からすると大きな不安要素となり得ます。小学生になる前の子供だったら、24時間保育を実施している保育所を利用したり、病院付随の託児室があればそこへ預けることもできますが、小学生以降は、夜間面倒を見てくれる場所というのがほとんどないというのが今の現状なのです。そういう理由で子育て中の看護師の中にはパート勤務に移行していくという方も少なからずいます。看護師の勉強をするための学校には大学あるいは専門学校があり、看護師を目指す場合、どちらかに入ることとなります。まず、大学はどういったところかというと、その時点での最先端の医療を含め、高度な勉強が可能であるということと、より幅広く知識を修得できるということでしょう。他方、専門学校に関しては、カリキュラム的に、実習の割合が多く、実践的であり、そういった経験を生かして即戦力になれます。さらに学費に関していえば専門学校の場合は大学の学費の十分の一ほどなので、とても安いです。主な看護師長の仕事と言えば、各病棟をとりまとめるほかに、看護部長の仕事をサポートしたり、看護師たちを指導する等、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。課長職といっても年収も大企業と中小企業で変わることから分かるように、看護師の年収は、病院の規模で全く異なるのです。あるいは、公立と民間、都会と田舎といった差が収入に違いを生んでいます。稼ぎの良い公立病院に勤めるケースでは大体750万円くらいになるとみられます。「看護師」という仕事は、一般的には安定した収入が入るものと考えられていてローンの際も、大体の場合、スムーズに審査を通ります。とは言え、看護師の中でも非常勤の場合など、多少安定していないというケースでは注意する必要も出てくるでしょう。ローンで審査に引っかからずに通れるのは派遣などではなく、正社員として勤めている安定した勤務形態で働いている看護師について言えることなので、たとえ看護師でも、非常勤で働いている方の場合は簡単にはローンが組めないということが起こり得ます。仕事をし続けていると不満や悩みが出てくるものですが、看護師で多いものは、対人関係の問題や勤務形態が不規則なこと等が挙げられるでしょう。どうしても、女性が多い職場になると、派閥やいじめなど、ドロドロな人間関係が構築されていることもよくあります。夜勤が多い勤務形態もストレスになるでしょう。転職し、もっと環境が良く、日勤のみの職場を探して転職するのもアリだと思います。初めて看護師として働こうと思っても、就職先が見つからずに失敗が続くという場合、ご自身の年齢に原因があるのかもしれません。求人サイトなどには表面上年齢について書いていない場合も、事情によっては病院側が独自に年齢を理由にした不採用を決めている場合があります。中でも、30歳以上で未経験の場合、相当な努力が必要になると思います。シフト勤務で働く看護師にとって夜勤は必須ですが、夜勤の仕事で決まって体調を崩すようであれば、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。ですが、ここで気を付けたいことは、夜勤の際の深夜労働手当てが支給されないので、やはり、夜勤で働く看護師よりも結果的に給料が減ることがほとんどです。現在の年収を下げてまで転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。高給や安定性というメリットがあると同時に、厳しい仕事も多い看護師は離職率が高いです。ですから、転職率も同じように高い傾向があります。ですので、看護師だけを対象にした転職サイトなども存在しているのです。専用の転職サイトなら、手間なく希望に沿った求人を探すのが容易に出来ますから、仕事で忙しく働く看護師にはうってつけのサイトです。最近では、転職サイトをランク付けしたサイトも登場していますから、これらも合わせて活用すると、さらに便利だと思います。多くの看護師が持つ悩みといったら、不規則な休みでしょう。折角休みになっても友人と遊んだり都合を合わせることが出来なくなるという悩みをよく聞きます。他にも、看護師が不足している職場においては、忙しくて休みが取れないケースもあります。規則正しい勤務時間がいいのなら、日勤だけの勤務が可能な職場に勤めるなど、転職を視野に入れて行動するのもおススメします。昔から「白衣の天使」と呼ばれるほど看護師は人気が高いと思うのですが、結婚できないのは、どのような訳があるのでしょう?調べてみると、看護師をしている女性の結婚年齢については全体的に、早い人と遅い人の差が大きい事が分かりました。結婚が遅くなる人に多い理由は、出会いが無かったり、出世を第一にすることで結果として婚期が遅れるという事も、ままあるそうです。看護師でも公務員になれることをご存知ですか?それは病院の中でも国公立の病院に勤めることなんです。本来、職業としての看護師が専門的な知識が求められ、長期間働ける仕事だという理由から人気なのですが、さらに公務員の待遇が付加することで安定性は確実です。具体的にどのような利点があるのかというと、福利厚生の手厚さやリストラの心配が少ないということを挙げられます。これらは魅力的ですよね。働く看護師の休日に関してですが、クリニックや病院の勤務形態によって各自違うようです。中でも3交代勤務の職場においては、シフトに沿っての仕事になりますから、土日祝日は出勤で平日が休みになったりするようなことも一般的です。一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、職場の環境によっては、希望する休日のシフトを組むことも可能ですから、人によっては都合の良い働き方と言えるのではないでしょうか。看護師がかぶっている、いわゆるナースキャップ。あれは晴れて看護師になるというという式の際にかぶせられるものだといいます。料理人にとっての帽子とはまた違う意味を持つ帽子だといえます。しかし、ここ数年の間に徐々に看護師の制服も変わってきているのが現状で、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。単に髪の毛をまとめるためのものという奥行きのないものになってしまうことも悲しい気もしますが、それも世の中のトレンドとして受け入れていくしかないのでしょう。看護師という仕事をしているのは大半が女性なので人生の中の、結婚や出産といった出来事をきっかけに退職する人も多くて結果的に離職率が高い仕事となっています。加えて、勤務時間がばらばらであることや、労働環境の大変さによって離婚してしまう人も多いと言われています。たとえシングルマザーであっても十分子育て出来るくらいお金が入ってくることも離婚に至るハードルが下がってしまう要因ともいえるでしょう。今流行の「街コン」では、たくさんの出会いがありますがこういったイベントに出る看護師は多く存在しています。女の職場なので、男性との出会いというものが少なくて、結婚したいと思っている看護師をはじめとして、街コンへの参加は珍しくありません。街コンの場面でも、看護師は人気があります。けれども、たとえカップルが成立しても仕事が規則的でないということが原因で、結果として、破局、ということもままあるようです。看護師資格の最大の利点は、何てったって、ブランクがあったとしても心配はいらず、再度、看護師として雇ってもらえるということでしょう。理由として、看護師が専門職だからということと働き手が足りていない現状が深く関与しています。どういったところへ転職し、どのような雇用形態を望むのか、あまりこだわりがないのであれば条件に合えば五十代でも復帰できます。交代勤務を代表に看護師の仕事は多岐に渡って厳しいものなのですが、中でも気を抜けないのが、申し送りの仕事でしょう。入院している患者に関する情報をしっかり覚え、責任を持って申し送りをする看護師に引き継がなくてはいけません。伝言で済むものも多いとはいうものの、症状に対する重要な処置の方法などに関しては間違いがないよう、慎重になる必要があります。現在わが国では、インドネシア、フィリピン、及びベトナムとの間で締結されたEPA(経済連携協定)に基づき、外国人看護師候補生という方々を受け入れています。しかしながら、候補生は日本語で出題される看護師国家試験を受験して、3年間のうちに合格し、晴れて看護師、とならなかった場合には帰国しなければならないと決まっています。就労と日本語の勉強と国家試験に受かるために勉強をしないといけませんから、とても難しい状況であると言っても過言ではないでしょう。転職活動を行う時には、看護師の皆さんも履歴書が必要なのですが、気を付けなければならないことがあります。何だと思いますか?それは、履歴書で最重要と言っても過言ではない、志望動機をどのように記入するかです。志望動機としてどういうものが適するかというと、雇用条件または労働環境がいいということを挙げるのではなくて、技術を磨くことが出来そうだからというような動機や、過去に働いてきた経歴を生かせそうだからといったような前向きな印象を受ける内容が適すると思います。看護師の資格を取得するには一般的に看護大学または看護専門学校という、二つの機関があります。二つの違いは、学ぶ内容にはあらわれてはいませんが生じる違いとしては、大卒ではキャリアアップにつなげやすいという点と、貰えるお金の面でも、専門卒よりやや良いでしょう。それに対して、専門学校のいいところは何かというと、大学より安い学費で学べて、実習が多いので、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということです。